今年も無事収穫終了!これでまた我が家の一年分をまかなえます。

18年前にこの地に移住し、たまたま地域のおばちゃん達が運営するお店で出会ってから少しずつ増やして、今年は193個。中にはうまく育たない種もあるのですが、今年も立派に育ちました。




写真にあるように、このニンニクは紫色の皮を纏っていて、ある地方では「ピンクにんにく」と名前を付けて特産品にもしています。古くから栽培されている在来種です。その為、ウイルスなどの病気に強く、育てやすいというおばちゃんのアドバイスから作り始めました。今では、我が家から里子に出したこのニンニクが北海道中で育っています。




「一年分をまかなっているんだよね」と言うと「保存は?」ときかれます。上の写真は一年前に収穫したもの。多少水分がなくなって一回りほど小さくなりますが、まだまだ新鮮そのもの。

「どうやって?」それは氷温室に入れて保存するが答えです。さすがに全部は入りきらないので、陰干ししたものを次の年の春まで使い、根が出て芽が伸びてきたら氷温貯蔵したものを使い始めています。

今年は数に余裕がありますので、興味がわいた方にはお分けしますのでお問い合わせください。